電子たばこのメリットにはこんな点があります

最近、電子たばこが人気を集めています。ソーシャルメディアでもキーワードとして10位以内に入ることも増えてきています。電子タバコは、中国の起業家によって発明されました。筒状になっている本体に液体を入れて、蒸気が発生するしくみです。たばこを吸っている人がたばこのかわりに電子たばこの蒸気を吸うことで、リラックスすることができます。電子たばこの成分として使われているのは、プロピレングリコール、野菜のグリセリン、食用風味、ニコチンです。しかし、日本ではニコチンが含まれているものは販売することを禁止されています。ニコチンは、ガンを引き起こす可能性が高い物質として知られていますが、日本ではニコチン入りの電子たばこが販売できないことから、通常のたばこを吸うのと比べて電子たばこはガンになる危険性が少なくなると言えます。

たばこに比べると費用も安いのが魅力

電子たばこを購入するにあたって、費用はどれくらいかかるのかと気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。通常のたばこと比べると、電子たばこに用いる液体はかなり安価です。また、日数的にも長持ちするため、たばこと比べて節約することができます。実際に比較をしてみると、通常のたばこの場合は、1日に1箱を吸う人であれば、1月で1万円を超えてしまいます。蒸気を吸うのに必要なスターターキットを購入する時は別として、液体を購入するだけなら、1週間で2000円もかからない範囲に収まります。液体は15mlになっており、これは300本分のたばこに相当します。1日20本を吸うとしても15日間持つことになります。日本の通販で販売されているものは50mlで3000円なので、たばこを1000本吸うのと同じ計算になり、1日20本を吸う人なら50日は持つことになります。

周りの人への影響が少ない点が魅力

通常のたばこの場合、吸っている本人だけでなく、周りにいる人も受動喫煙によって健康被害をもたらすことが問題となっています。煙だけでなくにおいもあるため、人に不快な思いをさせてしまう場合が多く、喫煙者であるというだけで肩身の狭い思いをしている人も多いです。しかし、電子たばこであれば、出るのは蒸気であり、使われている原材料も身体に害のあるものではありません。そのため、周りにいる人にも不快な思いをさせずに済みます。また、たばこは火を使いますので、きちんと最後に火を消さないと火事の原因になります。寝たばこで火事になったなどという報道が時折新聞やニュースなどで見られることがあります。しかし、電子たばこは火を使わないため、火事が起こる心配をする必要がありません。安全性の意味でも、優れていると言えます。