そもそも電子たばことはどんなたばこかを解説します

巷で話題の電子たばこですが、アメリカをはじめ世界各地でブームを巻き起こしています。呼び方も、電子たばこや電子シーシャなど様々ありますが根本的には同じで、液体を電熱線の発熱によって水蒸気にする装置です。この点が、従来の葉タバコと電子たばこの最大の異なる点で、電子たばこは、水蒸気を吸引するということです。電子たばこと呼びますが、実際にはタバコの葉は一切使用しておらず、グリセリンや食品添加物・水などの香料を混ぜたリキッド(液体)を加熱し、水蒸気にして吸引します。海外では、ニコチンを混ぜる事も出来ますが、日本では薬事法で液体ニコチンの販売を禁止されているためリキッドにはニコチンは入っていません。最近よく耳にする加熱式のタバコは、本物の煙草の葉が入っていて、それを加熱して中のニコチンを吸入する仕組みの為、電子たばことはことなります。

電子たばこの煙は本物以上にすごかった

電子たばこでも、煙は出ます。水蒸気ではありますが、その煙の量と質はタバコを超える量が出るのです。煙の量は、安価で販売されている電子たばこでさえタバコと同等かそれ以上となり、出力などが調整できる高級なものでは、モクモクした煙が大量に出ます。煙の質においては、電子たばこは優れています。煙草の葉を燃やすことなく、発ガン性の高いタールを発生しないメリットがあります。また本当のタバコでは特有の臭いや、副流煙、ヤニ汚れ等が気になりますが、電子たばこは香料をつかった良い匂いで、水蒸気のためすぐに霧散しヤニ汚れなども発生しません。だからと言って、喫煙禁止の場所で吸っていいわけではありません。知らない人から見ればタバコと同じです。電子たばこもマナーを守って楽しむことが大切です。

電子たばこは本当に安全で、健康被害も少ないのか

電子たばこはまだ歴史が浅いので、電子たばこが普通のたばこより安全かどうかはデータが少なく、完全に判断するのは難しいのが現状です。タバコより毒性は少ないという説もありますが、一部の粗悪な製品には強い毒性のある物質が含まれている可能性もあるとも言われています。また、禁煙を思い立った喫煙者が選ぶ最初の製品として電子たばこは有用であるとの専門家の意見もあり、禁煙が成功する可能性も高いという考え方もあります。禁煙出来なければ、少しでも状況を改善するという考え方として、電子たばこはその一翼を担えるかもしれません。ただ、吸いすぎによる肺炎などの健康被害も確認されています。安全性や、禁煙補助具としての有用性など不明な点が多い為、さらなる臨床試験の必要性もあります。また、一部の製品には安全基板が使われておらず爆発が起こったりもしています。自分自身の安全の為にも、最低限の知識が必要不可欠です。